もし、次男が育っていれば今日は27歳の誕生日だった。

27年前の今日。同じように気持ちの良い青空の下で、ソフトボール部の顧問をしていた僕は、西部地区予選に出かけていた。試合は予定通り(?)1開戦ですぐに負けてしまい、急いで産院に向かった。

直前のエコーでも元気に動いており、心音もしっかりしていたから、二人目はちゃんと生まれる、と信じて疑わなかったから、朝一番の試合が終わった後に産院に向かうことにしていたのだが、産院に着いても、赤ん坊の泣き声は聞こえず、僕の目に飛び込んできたものは全身麻酔で眠っている妻の姿と、その横で、チアノーゼの状態で蘇生措置を施されている赤ん坊だった。

「もう、結構です」

先生の話を聞いた後、蘇生措置を打ち切ってもらうように伝えた。

赤ん坊はあたりまえに生まれてあたりまえに育つ、と何の疑問も持たずに思っていた僕にとって、長男そして次男共に、大きな泣き声や産院でおっぱいを飲む姿をみることはできなかった。

一人で諸々の手続きをして、一人で火葬場に出かけた。

色々と考えていた子どもの名前だったが、一度もその名前を呼ぶこともなく、墓石に刻むための名前となった。

もし、生きていたら、どんな生活が繰り広げられただろうか?「れば・たら」は勿論ないけれど、それでも、ふとしたときに色々と考えてしまう。

今、こうしている時も、世界のあちらこちらで新しい命の誕生と同時に、様々な理由で命が奪われているのだと。

明日も今日が続いていると自分の幸せを思わないではいられない。そして命ある限り、自分の生を精一杯生きよう、と思ってしまう。

Comments are closed.

Post Navigation