あまりにも突然であまりにも若すぎる死。

 23日の朝、「翔ちゃんが、翔ちゃんが…」という電話をもらい、すぐに自宅に駆けつけたが、すでに翔ちゃんは冷たくなっており、救命救急士と警察がきていた。
 そして、その傍らで座り込んでいる水野さんの姿が目に入った。

 土曜日にグループホームから帰ってきた。「ちょっと熱があるから明日の朝グループホームに送っていくつもりだから、遅れるかもしれない…」「わかった、大丈夫。こっちで…」と仕事の段取りを日曜日の夕方にしていた。
 ごくごくありきたりのいつもの会話。
 そんなあたりまえに続くはずだった「いつも」が突然終わってしまった。

 死因は心不全。
 てんかんの発作が起きたわけではない。
 苦しんでお母さんを呼んだけれど、台風の風で聞こえなかったわけでもない。ほとんど苦しむこともなく息を引き取ったとのこと。
 しかしそれらは、翔ちゃんの死という事実の前には、なんの気休めにもならない。

 10年以上前から、僕は翔ちゃんとつきあい始めた。
 最初は福祉工場の実習で初めて働くことに関わった。
 そしてその数年後、布団工場での就職。
 さらに数年後、別の会社での就職で…。

 翔ちゃんのことはこれまでもこのブログでも書いてきたし、ジョブコーチの養成研修をはじめ、色々な場所で話をしてきた。
 翔ちゃんが働き続けるには、色々と大変なこともあった。
 本人の頑張りはもちろんのこと、生活面で関わったグループホームの職員さん、会社の方々…。実に多くの人が彼の働くということを支えてきた。
 そうした支えの中、確実にたくましくなっていく姿を僕は目の当たりにしてきた。

 一方、日々起こる様々なトラブルの中、一人で育てている水野さんの母親としてのつらさ、悲しさ、大変さも同じように見てきた。
翔ちゃんに辛く当たってしまった時や、怒ってしまった時のこと。そして、そうした時の自己嫌悪…。そんな姿もたくさん見てきた。

 ついつい口をついて出てくる愚痴も、生きていればこそのこと。
 翔ちゃんはいなくなってしまった。

 明日からの滋賀での養成研修に向かっている午後2時。
 翔ちゃんの告別式が行われた。

 翔ちゃん…
 君がどれだけ頑張って生きてきたかは僕は知っている。
 たくさんの写真や動画の一つ一つに君の人生が詰まっている。
 ホントに頑張ってきた。
 たくさんの人との大変なことやつらいことやうれしいこと…。
 そして何よりもたくさんの笑顔の中での素敵な時間。
 僕は君からどれだけ多くのことを教えてもらったことか!

 僕は翔ちゃんの懸命に生きてきた人生をたくさんの人たちに伝えていきたいと思う。

 安らかにお眠りください。

5月30日に行われた労働政策審議会にて今後の障害者雇用率が論議されました。

全体資料はこちらにアップしました。(PDFファイル3.7MB)

審議内容は以下の通りです。

障害者雇用率について(案)
第一 障害者雇用率について(政令改正)
 一民間事業主については、百分の二・三(現行百分の二)にすること。
 二国及び地方公共団体並びに特殊法人(障害者の雇用の促進等に関する法律施行令別表第二に掲げる法人をいう。以下同じ。)については、百分の二・六(現行百分の二・三)、都道府県に置かれる教育 委員会その他厚生労働大臣の指定する教育委員会(以下「教育委員会」という。)については、百分の二・五(現行百分の二・二)にすること。
第二施行期日等について
一施行期日
この政令は、平成三十年四月一日から施行すること。

二経過措置
1 障害者雇用率については、当分の間、民間事業主については百分の二・二と、国及び地方公共団体並びに特殊法人については百分の二・五と、教育委員会については百分の二・四とすること。
2 1は、この政令の施行の日から起算して三年を経過する日よりも前に、障害者の雇用を促進し、及び障害者の雇用を安定させ、廃止するものとすること。
注 政令の施行の日から起算して三年を経過する日よりも前に、政府をはじめ関係者が協力して、障害者の雇用を促進し、及び障害者の雇用を安定させ、できる限り速やかに雇用環境を整備し、障害者雇用の状況を整え、障害者雇用率について、民間事業主については百分の二・三に、国及び地方公共団体並びに特殊法人については百分の二・六に、教育委員会については百分の二・五に引き上げる。

 

2017年度第1回くらしえん・しごとえん職場適応援助者養成研修の受講生を募集します。

研修日程
前半:2017年7月14日(金)~7月16日(日)
後半:2017年7月27日(木)~7月29日(土)
開催地・会場
静岡県浜松市  アクトシティ研修交流センター
申込期間
2017年4月17日(月)~5月19日(金)

詳しくはHPをご覧ください

この4月1日より助成金の名称変更や組み替えがされています。(雇用関係助成金 厚労省HP参照)

障害者雇用安定助成金(PDF)ついては、以下の3つのコースとなっています。
Ⅰ 雇用する障害者の職場定着のための措置を行うことを助成する「障害者職場定着支援コース」
Ⅱ 職場適応援助者(※)による障害者の職場適応の援助を行うことを助成する「障害者職場適応援助コース」
Ⅲ 労働者の障害や傷病の特性に応じた治療と仕事を両立させるための制度を導入することを助成する「障害・治療と仕事の両立支援制度助成コース」

ジョブコーチ支援に関する助成金は「Ⅱ職場適応援助コース」に分類されています。

「障害者雇用安定助成金(障害者職場適応援助コース)」のご案内~訪問型職場適応援助者による支援~(PDF)
「障害者雇用安定助成金(障害者職場適応援助コース)」のご案内~企業在籍型職場適応援助者による支援~(PDF)

特に訪問型職場適応援助者については、「支援計画策定に要する日数が4日間」「4時間未満の支援の場合は、1/2日として取扱い」となりました。
今まで、「2日間だけ」「半日も1日分とする」となっていただけに、現場の声をくみ上げてくれて助かります。

その他にも
「障害者雇用安定助成金(障害者職場適応援助コース)」を活用して、ジョブコーチ支援を実施してみませんか?~ 訪問型職場適応援助者によるジョブコーチ支援を行う場合~(PDF)
「障害者雇用安定助成金(障害者職場適応援助コース)」を活用して、ジョブコーチ支援を実施してみませんか?~ 企業在籍型職場適応援助者によるジョブコーチ支援を行う場合~(PDF)
というチラシも作られています。
特に訪問型の案内の中では、「障害者就業・生活支援センターの職員でも、受給可能な場合があります」「就労移行支援事業、就労継続支援事業(A型、B型)の職員でも、受給可能な場合があります」という紹介もあります。

職場適応援助あってこその職場定着だと思います。
少しでも、この助成金が活用されるようになると良いと思います。

また、申請書式も変更になっています。
4月1日からとなっています。ご確認ください。

心も実務面も全く準備ができていないのに新年度が始まってしまいました。
いやぁどうしよう?等と考え見ても仕方がないこと。なるようにしかなりません。
そして、無理をしないこととできることを丁寧にしっかりと誠実に行うことだと。

さて、この4月からは、くらしえん・しごとえんも7人の職場になりました。
6名のジョブコーチと1名の事務補助職員です。浜松務所に5名、静岡事務所に2名です。
4月には、特別支援学校の卒業生の支援を中心に11ケースの支援がスタートします。
今週、来週の2週間は現場支援が毎日のように現場に出て行きます。

Read More →

今年が終わろうとしています。
毎年、書き綴っているこの12月31日のブログですが、「今年」は色々な意味で大きな節目の年でした。
法人をつくって10年という年月の重さと次が見えてこない戸惑い。
かといって焦りがあるというわけではなく、今までと同じように、ただ淡々と、そして誠実に日々を積み重ねていくことだけだと思っています。

今年一年、障がいと向き合いながら頑張って働く人たちや、一生懸命障害者雇用に取り組んでいる事業所の方々とのたくさんの出会いがありました。
そうした人たちとの出会いが私たちを強く大きく、やさしくしてくれました。
たくさんの失敗やつまずきをしながらも、「頑張ってきたよな」と思える一年であったことを何よりもうれしく思います。

来年の今日。
同じような気持ちでいられるように…。
今よりもほんの少しでも自分のことが好きになっていられるように…。
ほんの一歩でも前に進んでいられるように…。
そして、一人でも多くの人の笑顔が見られることを願います。

今年一年、私たちに関わってくれた全ての人への感謝を込めて…。

2016年12月31日
【これまでの12月31日】

2015年の終わりに 2015年12月31日

物語の続き 2014年12月31日

2013年の終わりに 2013年12月31日

2012年の終わりに 2012年12月31日

大晦日に思う… 2011年12月31日

2010年の終わりに 2010年12月31日

ゆく年 2009年12月31日

『流れの中で』 2008年12月31日

事務所2008 「ジョブコーチであること」を基本として法人を立ち上げ10年が経ちました。
これまで支えてくれた皆様に心からお礼申し上げます。
今までがそうであったように、これからも一歩ずつ前に進んでいきます。

(2016年11月1日)

いつの間にか…、というのが正直な気持ちです。
当たり前のことですが、色々なことがありました。
それでも、「ジョブコーチであること」「ジョブコーチとして独立、自立した存在であり続けること」を基軸にして今日まできました。

特に経済的な自立、職業としての自立はまだまだ手探り状態が続きます。
ジョブコーチもまたしかり。
ジョブコーチをジョブコーチたらしめるものは何か?
理念も制度もスキルもまだまだこれからです。

それでも、目をそらすことなく真正面から向き合っていけば、必ず何かが見えてくると思います。
これからもよろしくお願いします。

全国手をつなぐ育成会連合会の「手をつなぐ」2016年8月号に掲載されました。
「ジョブコーチの役割について紹介する」ということが原稿の依頼内容でしたが、限られた紙面の中で育成会の家族の方が主な対象ということで、結局、10年以上のつきあいのAさんの話を中心に書かせてもらいました。 Read More →

今月の23日(土)に金沢で開催される『ジョブコーチカンファレンス2016』。
定員300名のところ、残りは30名です。
当日受付はしません。〆切は明日7月6日、23時59分までです。
金沢でお会いできることを楽しみにしています!
申込は→ョブコーチカンファレンス2016』です。

平成28年度のくらしえん・しごとえんの事業が固まりました。
大きな事業は次の3つ!
職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修(第1回の申込は5/20まで!汗)
「障害者雇用推進事業」(浜松市委託事業)
「就労支援スキル向上研修」 (静岡県委託事業)
その他にも小さな研修や講師、個別契約等があります。
そして、当法人のメインである職場適応援助者(ジョブコーチ)支援事業。
今年度は3人のジョブコーチ体制でスタート。既に8ケースの支援に入っています。

4月、5月は週末も予定が比較的あいていましたが、これからはゾッとするほどスケジュールが一杯になってきます。
それでも、何事に対しても、とことんまっすぐに向き合っていきたいと思います。

さて、気合いを入れていきましょう!

6日間に及ぶジョブコーチ養成研修の最終日、閉講式などで必ず受講生の皆さんに伝えてきた。
「障がいのある人の就労支援・雇用支援に関わっている以上、どこかでお会いすることがあるかと思います。その日を楽しみにしています」と。

「おさむさんですよね」「私○○です。お久しぶりです」といきなり声をかけられ、ただただ驚いた。
Mさんとは2009年3月の職場適応援助者養成研修以来、実に7年ぶりの再会だった。 Read More →

いよいよ新しい年が始まりました。
今年のテーマは「次」です。
10年前「ジョブコーチが自立・独立した存在であり続けること」を理念に法人がスタートしました。
以来、試行錯誤、紆余曲折の連続でした。
それでも、どんなときでも「ジョブコーチであり続けること」に拘ってきました。
そして、今があります。 Read More →

いよいよ今年もあと数時間。
毎年「恒例」になった感のあるブログ。

とにもかくにも、来年11月でこの法人も丸々10年。よくも続いてきたもんだと妙に感心することしきりです。

今年一年は、戦線も大きく広がり、今までの中で一番忙しかったような気持ちがします。
でも、それほど「疲れた~」となっていないのは何ででしょう?
よくわかりません。

とても静かな時間が過ぎていきます。

それなりにここまで頑張ってきた、くらしえん・しごとえんに乾杯です。
そして、年が明けたら、次のステージを目指していきます。

そんな穏やかな心持ちで今年を終えることができるのが、何よりも素晴らしいことだと思います。

「良い一年だった」と思える幸せと、来年も今年より、ほんのちょっとでも良い年になるように…。

今年一年、私たちに関わってくださったすべての人への感謝を込めて…。

Read More →

「人格」と言っても人の話ではなく、「法人格」についてです。
今年一年も、様々な人と出会い、様々な職場で支援に関わってきました。

ジョブコーチ支援の説明をしたり、支援の入り口で関わる方と現場で一緒に働く人たちは違うと言う、この当たり前の事は、現場にどっぷりと入らないと、本当に見えてきません。

就労支援員や、ナカポツの人たち、各種相談窓口の人たちと話が通じないと思うのもこの部分だと感じます。
そして、本日のタイトルのことです。
総務・人事担当の方、現場で一緒に働く社員の方やパートの方、更には日頃、接することもない、会社の経営者の方々…。そうした全ての人たちが集まって「法人」という人格を作り上げているのだと思います。
思考を司る経営陣、新しい栄養を体内に取り入れていく人事、体全体に血液を流し続ける総務?
そして、それぞれの機能を果たしていく「現場で働く人たち」。
そう考えてみると「企業理念」というのは、改めて大切なことなんだと思います。
別の角度から見れば、その「理念」が体全体にどこまで行き渡っているか、浸透しているかということの見極めが、私たちジョブコーチを名乗るものにとっては、とても大切なことだと思います。

翻って「我が法人」のことを考えてみると、情けなくなってきます。
小さな小さな法人となると、一人一人の果たす役割が非常に大きくなります。まして、個人の思い、感情が法人の思い考えとイコールになってしまいます。これは、あまりよくないことだと思うようになりました。
来年は、もう少ししっかりとした「人格」をつくりあげられるように、法人として成長していきたいと思います。

s-IMG_2307  今日から、愛知県名古屋市で本年度第2回目となる職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修が始まります。
昨晩も会場の準備を終えて、後は開始を待つばかり。
今回で21回目となっても、初日を前にした緊張感は変わりません。
6日間連続での研修は、おそらく最後になるかと思います。

WS000000 一方、この2日からは、来年1、2月に岐阜市で開催する第3回の職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修の受付を開始しました。岐阜県での開催は今年が2回目。岐阜県商工労働部の担当の方とも、昨年からのおつきあいということでスムーズに準備が進んでいます。

s-IMG_2306最近、ジョブコーチと言う言葉よりも、職場適応援助者という言葉を使うことが多くなってきたような気がします。
「職場適応」という言葉が非常にしっくりくるのです。
「ジョブコーチ」ではなく…。
その辺りは、話し出すと長くなってしまいますが、今日からの養成研修では、しっかりと伝えていければと思います。後、数時間後です。

先月末会社を退職したAさんは職業評価を受けるべく所沢に向かった。
今月末が休職期間のBさんは、休職後の身の振り方を決めないといけない。
Cさんは、今までの部署での仕事が合わないことから、来月から配置転換となる。
Eさんは、高次脳機能障害の検査入院をすることとなった。
Fさんは、3ヶ月のトライアル雇用から常用雇用に切り替わった。
Gさん、Hさんは、今日から働き始めた。
…8月を終え、この9月に一つの分岐点を迎える人たち。
そして、それぞれの人たちの決断に少なからず関わりをもってしまっている。
Read More →

障害者の親はいつまで「障害者の親」であり続けないといけないんだろう?
そんなことが最近事務所で話題になる。親は親であり、子どもは子どもとはいえ、障害のある子どもとワンセットでくくられるような感じを受ける時、そんな思いが頭を持ち上げてくる。

彼女の次男は重度の知的障害者。IQは20。
次男が生まれてから彼女の人生は一変した。
理解のないご主人、ローンの返済、子どもさんの世話。ダブルワーク、トリプルワーク。少しでも条件の合う仕事があれば、昼間だろうが、夜中だろうが働き続けてきた。
障害のある息子のためにできることは何でもしようとしたし、自分のことはすべて後回しにした。本来スポーツが好きで、時には友人たちと一緒にスポーツをしたりお酒を飲んだり…。
障害者に対するいわれのない差別や偏見。
それをただ見ているだけでしか何もできない自分。
理不尽なことに腹を立て、行政にも苦情を言い、必死で、ほんとに必死で差別や偏見にさらされてきた。 Read More →

ジョブコーチをする上で必要な心構えの一つとして、「他人の人生に関わることの恐ろしさ」そして「他人の人生に関わる事への『覚悟』」ということを今までも言ってきた。
しかし、最近、高次脳機能障害や精神障害、発達障害といった方とのつきあいが増えてくるに従って、他者に関わる覚悟以上に、その「覚悟」は自分自身に向けられているのだと思うようになった。

昨日も高次脳機能障害の方と職場の話を中心に話を聞く時間をもった。今、職場内では、じっくりと時間をとることは難しいために、休みの日に事務所で話を、ということになったのだったが。
「今までこんなにゆっくりと話を聞いてもらえたことはなかったです」「時間があっという間に過ぎていきました」
気がついたら2時間が経っていた。

Read More →