5月30日に行われた労働政策審議会にて今後の障害者雇用率が論議されました。

全体資料はこちらにアップしました。(PDFファイル3.7MB)

審議内容は以下の通りです。

障害者雇用率について(案)
第一 障害者雇用率について(政令改正)
 一民間事業主については、百分の二・三(現行百分の二)にすること。
 二国及び地方公共団体並びに特殊法人(障害者の雇用の促進等に関する法律施行令別表第二に掲げる法人をいう。以下同じ。)については、百分の二・六(現行百分の二・三)、都道府県に置かれる教育 委員会その他厚生労働大臣の指定する教育委員会(以下「教育委員会」という。)については、百分の二・五(現行百分の二・二)にすること。
第二施行期日等について
一施行期日
この政令は、平成三十年四月一日から施行すること。

二経過措置
1 障害者雇用率については、当分の間、民間事業主については百分の二・二と、国及び地方公共団体並びに特殊法人については百分の二・五と、教育委員会については百分の二・四とすること。
2 1は、この政令の施行の日から起算して三年を経過する日よりも前に、障害者の雇用を促進し、及び障害者の雇用を安定させ、廃止するものとすること。
注 政令の施行の日から起算して三年を経過する日よりも前に、政府をはじめ関係者が協力して、障害者の雇用を促進し、及び障害者の雇用を安定させ、できる限り速やかに雇用環境を整備し、障害者雇用の状況を整え、障害者雇用率について、民間事業主については百分の二・三に、国及び地方公共団体並びに特殊法人については百分の二・六に、教育委員会については百分の二・五に引き上げる。

 

2017年度第1回くらしえん・しごとえん職場適応援助者養成研修の受講生を募集します。

研修日程
前半:2017年7月14日(金)~7月16日(日)
後半:2017年7月27日(木)~7月29日(土)
開催地・会場
静岡県浜松市  アクトシティ研修交流センター
申込期間
2017年4月17日(月)~5月19日(金)

詳しくはHPをご覧ください

この4月1日より助成金の名称変更や組み替えがされています。(雇用関係助成金 厚労省HP参照)

障害者雇用安定助成金(PDF)ついては、以下の3つのコースとなっています。
Ⅰ 雇用する障害者の職場定着のための措置を行うことを助成する「障害者職場定着支援コース」
Ⅱ 職場適応援助者(※)による障害者の職場適応の援助を行うことを助成する「障害者職場適応援助コース」
Ⅲ 労働者の障害や傷病の特性に応じた治療と仕事を両立させるための制度を導入することを助成する「障害・治療と仕事の両立支援制度助成コース」

ジョブコーチ支援に関する助成金は「Ⅱ職場適応援助コース」に分類されています。

「障害者雇用安定助成金(障害者職場適応援助コース)」のご案内~訪問型職場適応援助者による支援~(PDF)
「障害者雇用安定助成金(障害者職場適応援助コース)」のご案内~企業在籍型職場適応援助者による支援~(PDF)

特に訪問型職場適応援助者については、「支援計画策定に要する日数が4日間」「4時間未満の支援の場合は、1/2日として取扱い」となりました。
今まで、「2日間だけ」「半日も1日分とする」となっていただけに、現場の声をくみ上げてくれて助かります。

その他にも
「障害者雇用安定助成金(障害者職場適応援助コース)」を活用して、ジョブコーチ支援を実施してみませんか?~ 訪問型職場適応援助者によるジョブコーチ支援を行う場合~(PDF)
「障害者雇用安定助成金(障害者職場適応援助コース)」を活用して、ジョブコーチ支援を実施してみませんか?~ 企業在籍型職場適応援助者によるジョブコーチ支援を行う場合~(PDF)
というチラシも作られています。
特に訪問型の案内の中では、「障害者就業・生活支援センターの職員でも、受給可能な場合があります」「就労移行支援事業、就労継続支援事業(A型、B型)の職員でも、受給可能な場合があります」という紹介もあります。

職場適応援助あってこその職場定着だと思います。
少しでも、この助成金が活用されるようになると良いと思います。

また、申請書式も変更になっています。
4月1日からとなっています。ご確認ください。

心も実務面も全く準備ができていないのに新年度が始まってしまいました。
いやぁどうしよう?等と考え見ても仕方がないこと。なるようにしかなりません。
そして、無理をしないこととできることを丁寧にしっかりと誠実に行うことだと。

さて、この4月からは、くらしえん・しごとえんも7人の職場になりました。
6名のジョブコーチと1名の事務補助職員です。浜松務所に5名、静岡事務所に2名です。
4月には、特別支援学校の卒業生の支援を中心に11ケースの支援がスタートします。
今週、来週の2週間は現場支援が毎日のように現場に出て行きます。

Read More →

今年が終わろうとしています。
毎年、書き綴っているこの12月31日のブログですが、「今年」は色々な意味で大きな節目の年でした。
法人をつくって10年という年月の重さと次が見えてこない戸惑い。
かといって焦りがあるというわけではなく、今までと同じように、ただ淡々と、そして誠実に日々を積み重ねていくことだけだと思っています。

今年一年、障がいと向き合いながら頑張って働く人たちや、一生懸命障害者雇用に取り組んでいる事業所の方々とのたくさんの出会いがありました。
そうした人たちとの出会いが私たちを強く大きく、やさしくしてくれました。
たくさんの失敗やつまずきをしながらも、「頑張ってきたよな」と思える一年であったことを何よりもうれしく思います。

来年の今日。
同じような気持ちでいられるように…。
今よりもほんの少しでも自分のことが好きになっていられるように…。
ほんの一歩でも前に進んでいられるように…。
そして、一人でも多くの人の笑顔が見られることを願います。

今年一年、私たちに関わってくれた全ての人への感謝を込めて…。

2016年12月31日
【これまでの12月31日】

2015年の終わりに 2015年12月31日

物語の続き 2014年12月31日

2013年の終わりに 2013年12月31日

2012年の終わりに 2012年12月31日

大晦日に思う… 2011年12月31日

2010年の終わりに 2010年12月31日

ゆく年 2009年12月31日

『流れの中で』 2008年12月31日

事務所2008 「ジョブコーチであること」を基本として法人を立ち上げ10年が経ちました。
これまで支えてくれた皆様に心からお礼申し上げます。
今までがそうであったように、これからも一歩ずつ前に進んでいきます。

(2016年11月1日)

いつの間にか…、というのが正直な気持ちです。
当たり前のことですが、色々なことがありました。
それでも、「ジョブコーチであること」「ジョブコーチとして独立、自立した存在であり続けること」を基軸にして今日まできました。

特に経済的な自立、職業としての自立はまだまだ手探り状態が続きます。
ジョブコーチもまたしかり。
ジョブコーチをジョブコーチたらしめるものは何か?
理念も制度もスキルもまだまだこれからです。

それでも、目をそらすことなく真正面から向き合っていけば、必ず何かが見えてくると思います。
これからもよろしくお願いします。

全国手をつなぐ育成会連合会の「手をつなぐ」2016年8月号に掲載されました。
「ジョブコーチの役割について紹介する」ということが原稿の依頼内容でしたが、限られた紙面の中で育成会の家族の方が主な対象ということで、結局、10年以上のつきあいのAさんの話を中心に書かせてもらいました。 Read More →

今月の23日(土)に金沢で開催される『ジョブコーチカンファレンス2016』。
定員300名のところ、残りは30名です。
当日受付はしません。〆切は明日7月6日、23時59分までです。
金沢でお会いできることを楽しみにしています!
申込は→ョブコーチカンファレンス2016』です。

平成28年度のくらしえん・しごとえんの事業が固まりました。
大きな事業は次の3つ!
職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修(第1回の申込は5/20まで!汗)
「障害者雇用推進事業」(浜松市委託事業)
「就労支援スキル向上研修」 (静岡県委託事業)
その他にも小さな研修や講師、個別契約等があります。
そして、当法人のメインである職場適応援助者(ジョブコーチ)支援事業。
今年度は3人のジョブコーチ体制でスタート。既に8ケースの支援に入っています。

4月、5月は週末も予定が比較的あいていましたが、これからはゾッとするほどスケジュールが一杯になってきます。
それでも、何事に対しても、とことんまっすぐに向き合っていきたいと思います。

さて、気合いを入れていきましょう!

6日間に及ぶジョブコーチ養成研修の最終日、閉講式などで必ず受講生の皆さんに伝えてきた。
「障がいのある人の就労支援・雇用支援に関わっている以上、どこかでお会いすることがあるかと思います。その日を楽しみにしています」と。

「おさむさんですよね」「私○○です。お久しぶりです」といきなり声をかけられ、ただただ驚いた。
Mさんとは2009年3月の職場適応援助者養成研修以来、実に7年ぶりの再会だった。 Read More →