この4月1日より助成金の名称変更や組み替えがされています。(雇用関係助成金 厚労省HP参照)

障害者雇用安定助成金(PDF)ついては、以下の3つのコースとなっています。
Ⅰ 雇用する障害者の職場定着のための措置を行うことを助成する「障害者職場定着支援コース」
Ⅱ 職場適応援助者(※)による障害者の職場適応の援助を行うことを助成する「障害者職場適応援助コース」
Ⅲ 労働者の障害や傷病の特性に応じた治療と仕事を両立させるための制度を導入することを助成する「障害・治療と仕事の両立支援制度助成コース」

ジョブコーチ支援に関する助成金は「Ⅱ職場適応援助コース」に分類されています。

「障害者雇用安定助成金(障害者職場適応援助コース)」のご案内~訪問型職場適応援助者による支援~(PDF)
「障害者雇用安定助成金(障害者職場適応援助コース)」のご案内~企業在籍型職場適応援助者による支援~(PDF)

特に訪問型職場適応援助者については、「支援計画策定に要する日数が4日間」「4時間未満の支援の場合は、1/2日として取扱い」となりました。
今まで、「2日間だけ」「半日も1日分とする」となっていただけに、現場の声をくみ上げてくれて助かります。

その他にも
「障害者雇用安定助成金(障害者職場適応援助コース)」を活用して、ジョブコーチ支援を実施してみませんか?~ 訪問型職場適応援助者によるジョブコーチ支援を行う場合~(PDF)
「障害者雇用安定助成金(障害者職場適応援助コース)」を活用して、ジョブコーチ支援を実施してみませんか?~ 企業在籍型職場適応援助者によるジョブコーチ支援を行う場合~(PDF)
というチラシも作られています。
特に訪問型の案内の中では、「障害者就業・生活支援センターの職員でも、受給可能な場合があります」「就労移行支援事業、就労継続支援事業(A型、B型)の職員でも、受給可能な場合があります」という紹介もあります。

職場適応援助あってこその職場定着だと思います。
少しでも、この助成金が活用されるようになると良いと思います。

また、申請書式も変更になっています。
4月1日からとなっています。ご確認ください。

Comments are closed.

Post Navigation