「修先生、平成元年卒業38HRの○○です。わかりますか?先週、○○、××、△△と同窓会をやりまして先生に会いたいという話になりました。先生は今どちらにいますか?」  3月末、そんなメッセージが突然飛び込んできた。
 もう30年前の卒業生。彼女たちも50歳目前。
 彼女たちが卒業した翌年、家庭の事情で学校を辞め地元に帰ってきてしまったために、ほとんど音信不通になっていた。  その後、当時のクラスのライングループがつくられた。

「子どものお弁当作りが…」
「大きな手術しました」
「三人の男の子が…」
 僕の手元にあるのは、30年前の卒業アルバムと、断片的な当時の記憶。
  何時も眠そうな顔をしていた奴。
 しらーとした顔をしていた奴。
 こちらを心の内をしっかりと見透かしているような奴。
 良い子の仮面(?)をかぶっていた奴。
 色々としでかしてくれた奴…。
 教師と生徒のだましあい…。感情のぶつけあい…。
 それは教室であったり、グランドや体育館や、職員室であったり…。
 それらが一つ一つ蘇ってくる。

 この30年。  色々なことがあったんだろう、と思う。  勿論、僕にしてもそうだ。
 あの頃の事を思うとどうして、こんなに胸がギュッとなるのはなぜだろう?
 そんな思いを先月末以来、感じている。

 30年前に、今の自分の姿など、誰も想像できなかった。
 ただただ、単調に思える毎日の繰り返し。
 何気ない日常。  そんな中で、折々、迫り来る選択や判断。
 多くの人との出会い・別れ。
 突然、ふりかかる人生を一変させるような出来事。
 大小様々な「その時」を繰り返しながらたどり着いた「現在」。
 想像できないことがとてもたくさんあるからこそ「あの頃」は大切だったんだと、今にして思う。
 先のことなど誰もわからない。
 年月を経る毎にそのあたりまえの重さを知っていく。
 そして何気ない毎日の愛おしさを。

 それでも、一生懸命に毎日と向き合ってきたからこそ、お互いに会いたいと思えるのだろう。
 同じ時間を与えられた者同士。よく、頑張ってきたよね! と。
 そんな風に、自分自身を褒めてあげたいのかもしれない。 

 彼女たちに会いたいと思う。
そして、30年という時の流れを色々と聞いてみたいし、聞いてほしいと思う。