「人格」と言っても人の話ではなく、「法人格」についてです。
今年一年も、様々な人と出会い、様々な職場で支援に関わってきました。

ジョブコーチ支援の説明をしたり、支援の入り口で関わる方と現場で一緒に働く人たちは違うと言う、この当たり前の事は、現場にどっぷりと入らないと、本当に見えてきません。

就労支援員や、ナカポツの人たち、各種相談窓口の人たちと話が通じないと思うのもこの部分だと感じます。
そして、本日のタイトルのことです。
総務・人事担当の方、現場で一緒に働く社員の方やパートの方、更には日頃、接することもない、会社の経営者の方々…。そうした全ての人たちが集まって「法人」という人格を作り上げているのだと思います。
思考を司る経営陣、新しい栄養を体内に取り入れていく人事、体全体に血液を流し続ける総務?
そして、それぞれの機能を果たしていく「現場で働く人たち」。
そう考えてみると「企業理念」というのは、改めて大切なことなんだと思います。
別の角度から見れば、その「理念」が体全体にどこまで行き渡っているか、浸透しているかということの見極めが、私たちジョブコーチを名乗るものにとっては、とても大切なことだと思います。

翻って「我が法人」のことを考えてみると、情けなくなってきます。
小さな小さな法人となると、一人一人の果たす役割が非常に大きくなります。まして、個人の思い、感情が法人の思い考えとイコールになってしまいます。これは、あまりよくないことだと思うようになりました。
来年は、もう少ししっかりとした「人格」をつくりあげられるように、法人として成長していきたいと思います。

Comments are closed.

Post Navigation