色々な場面で「怒り」を覚えることがある。
 ジョブコーチ支援の現場では、どちらかというとその怒りを飲み込む事が多い。
 そして、その「怒り」の持って行き場や処理の仕方に悩み苦しむ。

 逆に、一方的に「怒り」をぶつけられることもある。
 いきなり「がツン」と頭を殴り付けられる。全く予期もしていない、不意打ちである。
 その場では、相手の怒りの本質も分からずに、とりあえずは怒りを拡大しないように「すみません」と頭を下げる。
 しかし、時間が経つにつれ、なぜ、怒りをぶつけられないといけないのか、どうしても納得できない時がある。もっと言えば、すみませんと謝った自分自身に腹が立ってくる事もある。

「『怒り』というのは、理性で考えないといけない」
 まだ若かりし頃、尊敬する先輩が教えてくれた。
「怒り続けるには『理性』の力が必要」だとも。
 どこまでがその人の言葉だったのか、今でははっきりしないし自分なりの付け加えたものもあるだろうが……。

 すぐに消えてしまうような「怒り」はそれは自分の単なる感情の爆発でしかない。何度も何度も自分の怒りの正当性を考えていくうちに、自己嫌悪に陥ることもたくさんある。
 後になればなるほど、その怒りが増幅していく場合もある。その時は、何に対して自分が怒っていたのかが、だんだんとずれてくることがある。
 そして思うのだ。「これは怒らなければならないのだ」と。
 一呼吸おくどころか、1日2日その「怒り」を心の中で転がし続ける。
 全くもって不愉快な時間だ。
 それでも怒らなければならないことである、と思った時には、しっかりと「怒り続け」ないといけない。
 しかし、往々にして、怒り続けることに疲れてしまい、いつの間にか自分の中でウヤムヤにし、「そんなことで怒ってもなぁ」と怒りの収めどころを探していることの方が多い。

 感情を表すことはよくないことではない。
 怒りはとても大切なんだ。
 
 だからこそ、その怒りと付き合う術を自分の心の中に培っていかなければいけないと思う。
 何でもかんでもウヤムヤにする、曖昧にする、表面的な「笑顔」」でごまかすことが多い今の社会。
 逆に、所構わず怒りをぶつけることが多い今の社会の中にあってこそ、だ。

 と、こんなことを書いているのも、理不尽な怒りをぶつけられた、という話を聞いて、腹が立って仕方がないからなのだ。
 落ち着け、落ち着け!
 そう自分に言い聞かせるかのように今、iPadの画面に向かっている。

 深呼吸が必要だ。

 正体のわからない感情と向き合うことの難しさ。
 それはとってもしんどいことだし、怒りや悲しみ喜び……、そうした感情は簡単にわかるものではない。

 それでも、そうした複雑な気持ちを丁寧にすくい上げられる両手を持ちたい。

「最近は職場で何か困った時があってもジョブコーチなんか思い浮かべもしなかったでしょ?」
 その僕の問いかけに彼はちょっと答えにくそうな顔をしながらも「はい…」と言った。
「それでいいんだよ。僕たちはボツボツ消えていく時なんだから」と僕は続けた。そして「仕事の事は職場の○○さんや××さんがいるし、保健室の△△さんもいる」「困った時には、そうした人たちを頼っていけばいいんだから」と。

 彼はこの春、特別支援学校を卒業してA社に就職した。
 手帳は精神保健福祉手帳。
 家庭や学校はとても心配をしていた。
 事業所はこれまで障害者雇用に取り組み、社内には複数名の企業内ジョブコーチも配置しているが、最初は家庭や学校との連携や生活面のサポートなどから、訪問型ジョブコーチとしてまずは僕たちが支援に関わることになった。

 1週間に2回の現場支援が1週間に1度。更には2週間に1度。そして1ヶ月に1度…という具合に少しずつ少しずつ支援頻度も時間も減っていった。
 メンタル面での負荷がどの程度なのか?
「大丈夫です」という本人の言葉は本当に大丈夫なのか?
 等々、職場としても手探りの状態が続いていった。
 それでも、少しずつ、職場の丁寧な関わりや気遣いの中で、彼の「大丈夫」という言葉に対する信用が生まれていき、そのうち、伝えるべきことははっきりと伝えていくようになっていった。

 こうなると我々の出番はなくなってくる。
 家庭での様子や気がついたことなど、些細なことでも拾い上げ、この先のトラブルとなり得るようなことがあれば、テーブルの上に出しておく。
 あれほど就職前に心配していた家族も、すっかり安心している様子だった。

 勿論、この先、何もないわけはない。
 しかし、この時期で一番大切なことは、何かあった時に会社内でしっかり相談でき、一緒に考え、解決の方法を一緒に考えてくれる場所をつくっておくことである。
 そして、何かあった時には、そうした場所を活用できるようにすることだ。

「今日の会議の目的は、僕たち外部のジョブコーチは○○さんには必要がなくなったので、これまでやってきたことをしっかり整理し、将来的な課題となるであろうことを○○さんと会社の方に伝えることです」

 本人、総務の方々、そして現場の方々。
 3月、4月の様々な心配事が笑い話になった日だった。
「良い会社に入れた?」
「はい」
 そういう彼の言葉がとても嬉しかった。

 2007年からスタートしたくらしえん・しごとえんの職場適応援助者養成研修も2020年3月末の時点で、研修開催は34回、修了生は1,500名以上となった。
 たった6日間の研修、それだけでジョブコーチがなんなのかをとても伝えきれるものではなく、この研修は「職場適応援助者助成金」を受給するための「要件」の一つに過ぎない。つまり、この研修は「職場適応援助者」として活動することを前提とした研修なのである。ジョブコーチとしての活動をするためのスタートラインに立つための研修ということをどれだけの人が理解しているのだろうか?

 しかし、ここ何年かは「就労支援の基礎研修」的色彩が強くなってきている。
また、「職場定着支援事業」の加算研修ということもあり、これまで就労支援の経験が全くなかった福祉事業所の受講希望も多くなってきている。
 実際、助成金額面からもジョブコーチ支援事業だけで、到底成り立たない。
 また、福祉サービスの「充実」もあり、訪問型職場適応援助者はその数も減少している。
「訪問型職場適応援助者は絶滅危惧種!」などと自嘲気味に言うこともある。企業在籍型職場適応援助者がいれば良いのではないか? 等という声もあるようだが、決してそんなことはない、と思う。
 しかし、実際数は減っているのだから、少数派の意見として多数の中に埋没していきそうな危機感を抱いている。

 訪問型職場適応援助者(ジョブコーチ)の存在意味をはっきりさせていくことがこのような混沌とした時代の中で、とても重要だと思うし、思っていることをどんどん伝えていくことが必要だと思っている。

Read More →